茨城総合物産音楽フェスティバル – Ibaraki Sogobussan Ongaku Festival 2019

ARTIST INTRODUCTION


ぷれい ぐーす

Play.Goose

シンガーソングライター集団「Goose house」を飛び出し、工藤秀平、マナミ、沙夜香、ワタナベシュウヘイを中心に、一人一人が自由に、「世界一音楽を楽しむ場所」を目指して発足

メンバーは2011年頃より「Goose house」として活動。YouTubeの総再生回数12億回、チャンネル登録者数240万人を超えるなど、若い世代を中心に人気を博し、これまでに7800曲を超えるオリジナル曲やカバー曲を発信。

Play.Gooseになってからは、それぞれが原点であるソロ活動に重点をおきつつ、「Goose house」の新旧メンバーや、様々なゲストを招いて、お互いの個性を活かしたコラボなど、今まで以上に自由に音楽を紡いでいる。
Official Web Site